汚部屋脱出本アラサー・ややこのおそうじ奮闘記の感想

汚部屋脱出本アラサー・ややこのおそうじ奮闘記の感想

汚部屋脱出本を読むのが好きです。

「見ている暇があれば片付けろよ」というのは置いといて(-_-;)

「うちの汚部屋をなんとかしないと…」と思ったときに、お片付けブログや汚部屋脱出ブログを見ると、モチベーションアップになるので私は結構見ます。

一時期人気のようだった汚部屋脱出ブログの「アラサー女子が汚部屋を脱出するまで」を電子書籍化した本ということで、

『アラサー・ややこのおそうじ奮闘記』を読んでみましたのでその感想となります。

なお、Amazonの電子書籍読み放題サービス「kindle unlimited」対象です。

汚部屋脱出ブログを電子書籍化『アラサー・ややこのおそうじ奮闘記』

表紙の絵柄から、なんとなく最近多い、コミックエッセイなのかと思ったらちょっと、違いました

挿絵・イラストや写真等はありますが、マンガはなく、文章のみになります。

なお、このややこさん、汚部屋脱出後は、4コママンガにも挑戦されていて、すばる舎のWebで連載されていました。

なんか…すごいですよね。

ややこさんプロフィール

10年前に一人暮らしをはじめて以降は、汚部屋の住人と化す。
しかし、今から約1年前、一念発起し大掃除を始める。
それをブログで公開したことろ、反響を呼び、その年のコンペディションで賞を獲得した。

現在は、汚部屋からの脱出にほぼ成功し、「片づけ」のフェーズへの移行段階。
そのため、ブログの『アラサー女子が汚部屋を脱出するまで』の更新は頻度を落として、また新たなテーマでのブログを試行錯誤している最中。
押しつけがましくないややこ氏のブログの雰囲気は、多くの読者の心をとらえ、「泣きながら読みました」という声も少なくない。

 

アラサー・ややこのおそうじ奮闘記の感想:良かった点

汚部屋脱出するための、片付け・掃除について、なるほど!と思ったポイントをあげてみます。

自分に合う汚部屋の掃除方法を見つける

第2章の「現実を知ることからすべてがはじまる」の中に

【自分に合う「おそうじ」を見つけた】

今までにも何度かおそうじにチャレンジしたことはありました。
おそうじ関連の本をいくつか読んで、その内容を絶対にやりきろう、と思うあまりどんどん苦しい状態になっていきました。

そこで、今まで無茶をしていたやり方をあらためて「ムリしない」を、目標にかかげました。

個人的に、この部分が、とても参考になりました。

私も、数々のお片付けや掃除、収納本などを読んできました。雑誌の特集があると懲りずに買ってみたり。

でも、やっぱり、本に書いてあって「こうできたらすごい!」と思う事でも、

  • 自分には難易度が高くて出来ない事だったり
  • 自分の環境と合わなかったり

ってあるんですよね…。

無理をして強引に片付けてみても、すぐ散らかった部屋にリバウンドしたり…。

片付け、掃除って、日々の事ですので、何はともあれ、自分が続けられる事が大事なんだと思います。

そもそも、一冊の本を読んだくらいで、汚部屋克服できたら、そもそも汚部屋にはならないのだとも感じます…。なので、自分が続けられる方法でやるしかないのかなと。

汚部屋克服の為には現状を把握する事が大事

汚部屋に立ち向かうにあたってまずは、今の部屋(ブログをはじめた当時)がどんな状況かを整理するところからはじめました。

家って散らかり過ぎると、どこから手を付けたらいいのかわからなくなって、パニックになりますよね…。私も、現状把握は大事だと実感しています。

ここで紹介されていたのが、現状把握に間取り図を作ってみること。

私も、今回、汚部屋脱出に向けて、汚部屋間取り図をExcelで作ってみています。

汚部屋を脱出する為に我が家の間取り図と画像で可視化してみた

片付けは苦手だけど、そういう作業は好きなんですよね…。

なお、間取り図って今はスマホアプリで簡単に出来るみたいですよ。

ややこさんは、ブログの読者さんから「部屋の状況がわかりづらいから、間取り図を作ってほしい」という要望があって、作ったそうです。

間取り図を作った事で、読者さんもイメージしやすくなり、間取りに即したアドバイスも増えたんだとか。

間取り図を作ったメリットとして

自分のお部屋に対して客観的になれたことです。

と書かれていましたが、これもすごく大事な事なんだと思います。

部屋の定点観測

おそうじ奮闘記の中で、定期的に同じ視点から部屋の写真を撮影する【定点観測】がおすすめされています。

定点観測のメリット

  • 部屋がキレイになっていくことでモチベーションアップ
  • 写真を撮ることで客観視できる

「汚部屋だったのがこんなにキレイになってきた!」ってわかるといいですよね。

また写真を撮影して客観的に見るというのも、現実を知るのに役立ちます。

スマホで部屋の写真を撮ったら、あまりの汚さ・乱雑さにビックリしたことがあります…(ノД`)

「每日その家で暮らしているんだから、自分の家の状態なんてわかってる」と思っていたのは勘違いでしたね。

  • 客観視する
  • 可視化する

って大切なんだなぁ~と。

まとめ

汚部屋脱出ブログの「アラサー女子が汚部屋を脱出するまで」を電子書籍化した、『アラサー・ややこのおそうじ奮闘記』の感想をまとめてみました。

著者のややこさんは、仕事に追われていくうちに、いつの間にか汚部屋の住人になっています。

  • 自分に合うやり方を見つける
  • 現状を把握する
  • 部屋の状況を定点観測する

個人的にはこれらが参考になりました。

この本を読んで感じたことは、

片付け、掃除も仕事モードでやるべきなのかも…という事です。

客観視したり可視化したりするのって仕事でも大事な事だし、仕事ならむしろ意識してやってる事だなぁと。

このあたりは、片付け・掃除の優先順位が自分の中で低い、メンタルも関係しているかも…です。これはまた追々考えていきたいと思います。